Bizseek(ビズシーク)の評判・稼ぎ方・デメリット・メリットまとめ

Bizseek公式サイト画像

クラウドソーシング使うと仕事を発注する側も受ける側もお金を稼ぐことが可能です。

今回は、有名なクラウドソーシングBizseek(ビズシーク)について解説します。

この記事を内容は次の5つ

  • Bizseek(ビズシーク)の特長
  • 案件の仕事内容
  • デメリットとメリット
  • 評判と安全性
  • 仕事の発注と受注のやり方
  • Bizseekを使って稼ぐ方法

Bizseek(ビズシーク)を使う上で役立つ情報を記載しています。

お金の稼ぎ方も説明していますので、ぜひ参考にしてください。

Bizseek(ビズシーク)とは?

まずは、Bizseek(ビズシーク)の次の2点について解説します。

  • Bizseek(ビズシーク)の特長
  • 案件の種類と内容

Bizseek(ビズシーク)の特長

Bizseekの特長の説明

株式会社アイランドが運営しており、クラウドソーシング事業の他にも電話の回線販売業や広告代業をしています。

ビクシーズ(Bizseek)は、クラウドソーシングの中でも、手数料が最安値で有名。

大手クラウドソーシングの『ランサーズ』や『クラウドワークス』は、手数料で20%取られてしまいます。

ビクシーズ(Bizseek)の手数料は、以下のようになっています。

  • 10万円までは、10%
  • 10万円以上からは、5%

参考資料として公式サイトからの引用画像を載せておきます。

Bizseekの手数料の説明

ワーカー【受注者】とクライアント【発注者】の両方の立場から使うことができのも特徴の1つ。

お金を出して仕事を依頼することもできますし、逆に仕事を受けることも可能。

自分の目的に合わせて使うことができます。

ちなみにと登録や年会費は完全無料で使うことができます。

Bizseek(ビズシーク)の案件の種類

仕事は「プロジェクト」と「コンペ」の2種類のタイプに分けられます。

コンペ

Bizseekの使い方の説明

コンペ方式は、クライアント【依頼者】の募集要項を確認してワーカー【受注者】が提案して採用されれば依頼が成立する形です。

ワーカー【受注者】は採用されない場合は報酬を手にすることができません。

クライアント【依頼者】は自分が良いと感じた提案を選ぶことができます。

プロジェクト形式

Bizseekのプロジェクト形式の説明

プロジェクト方式は、クライアント【依頼者】が募集した内容に沿ってワーカー【受注者】が計画書や見積もりを提案します。

クライアント【依頼者】はその中から気に入ったワーカー【受注者】を選び、コミュニケーションを取りながら依頼を進めていきます。

案件の種類

Bizseekの案件の種類

上記の画像は、ビクシーズの公式サイトからお借りしました。

データー入力作業やライティングなど難易度の低い案件も多くあります。

基本的にシステム・アプリ開発やWedデザインは高単価案件になります。

クラウドソーシングで取り扱っている案件の種類はほぼ全て対応しています。

Bizseek(ビズシーク)のデメリット

手で顔を隠している女性

Bizseek(ビズシーク)のデメリットは次の2つです。

  • 案件数が少ない
  • 知名度がちょっと弱い

案件数が少ない

大手のクラウドソーシングと比較すると案件の幅は変わりません。

しかし、全体的な案件数に関してはちょっと少ないです。

といってもワーカー【受注者】仕事に困ることはないくらいの案件数はありますので、特に問題はありません。

知名度がちょっと弱い

Bizseek(ビズシーク)は2013年に登場したばかりのサービスになります。

まだ歴史が浅いためか、知名度の部分では大手のアウトソーシングに劣ります。

そのため、クライアント【依頼者】とワーカー【受注者】は大手と比べると少ないです。

まぁ、考えようによってはそれだけチャンスが広がっているわけですが。

Bizseek(ビズシーク)のメリット

覗いてる少年

Bizseek(ビズシーク)メリットは次の3つです。

  • 手数料が業界最安値
  • 実績を上げると仕事が取りやすい
  • 案件の幅は大手と変わらない
  • クライアント【発注者】は仕事を出しやすい
  • ワーカー【受注者】は稼ぎやすい

手数料が業界最安値

前項でもお話しましたが、手数料がクラウドソーシング業界最安値です。

10万円以下の部分は10%で、10万円を超える部分は5%になります。

大手になると手数料は20%前後が平均水準になります。

例 売上が20万円だった場合

 

10万円の部分の手数料が、1万円

10万円以上の部分の手数料が、5000円

 

合計手数料15000円

実績を上げると仕事が取りやすい

ビクシーズも仕事を受けて実績を積めば積むほど、評価が高まり、仕事の発注が受けやすくなります。

仕事を受ければ受けるほど、収入が増えていくのでやりがいがありますね。

案件の幅は大手と変わらない

データー入力や簡単なアンケートの軽作業からプログラミングやシステム設計などの案件の幅は広い。

大手のクラウドソーシングと比べても十分渡り合えるくらいの案件数です。

Bizseek(ビズシーク)を使ってみる

Bizseek公式サイト画像

Bizseek(ビズシーク)を使って仕事を依頼したり、受けたりするにはまず公式サイトにて無料登録が必用です。

無料登録には、メールアドレスかFacebookアカウントがあれば誰でも簡単にすぐにできます。

クライアント(発注者)は登録後すぐにサービスを使うことが可能。

ワーカー(受注者)は実名登録が必須となりますので、免許証などの本人確認できるものが必要になります。

下記から公式サイトに移動して無料登録手続きをすることができます。

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】


Bizseek(ビズシーク)の評判・安全性

次にBizseek(ビズシーク)の評判と安全性について確認していきます。

Bizseek(ビズシーク)の評判

眠そうなライオン

  • 報酬単価が高めで稼ぎやすい
  • 手数料が激安だから次も使う
  • 仕事の案件がちょっと少なく感じた
  • 実名登録が必須なので信頼感がある
  • 大手よりもライバルが少ないのでやりやすい

一番目立ったのが、手数料の安さですね。

また報酬単価が高めなので、稼ぎやすいとの声も多かったです。

ネガティブよりの意見としては、やはり案件数が少ないとの声もありました。

Bizseek(ビズシーク)の安全性

ライオンと少女

2013年からスタートしたクラウドソーシングですが、会員数も多く準大手として規模を拡大しています。

ワーカーは、しっかりと実名を確認されたい人達になりますので、信頼感と信用度がかなり高い。

取引の際には間に必ずビクシーズが入りますので、トラブルにもなりません。

またネット上で今までトラブルになったなどの情報もありません。

Bizseek(ビズシーク)を使った稼ぎ方

Bizseek(ビズシーク)を使った稼ぎ方を、クライアント【依頼者】とワーカー【受注者】の目線から説明します。

仕事を受けて稼ぐ

スーツを着た男性

ワーカー【受注者】としてお金を稼ぐんであれば方法はシンプルです。

  • ライティング系案件を数こなして稼ぐか
  • 高単価案件を中心に稼ぐか

プログラミングやシステム設計などの高度な技術があれば、高単価案件で1撃で数万単位で稼げます。

特殊なスキルがないんであれば、ライティング系の案件を数こなせば副業以上に稼ぐことが可能。

Bizseek(ビズシーク)は大手と違って強力なライバルが少ないので、実際は仕事が受注しやすいです。

仕事を発注して稼ぐ

スマホで仕事の確認をしている男性

クライアント【依頼者】として稼ぐなら次の3つ。

  • 記事外注化
  • サイト作成依頼
  • バナー作成依頼

記事外注依頼をして広告収入で稼いでいる人はすでにたくさんいます。

メディア運営やブログ運営をされている人なら、アウトソーシングを上手く使って効率良く稼いでいる人は多いです。

またサイトを綺麗にするなら画像やイラストの外注すれば簡単にできます。

まとめ:『ビクシーズ(Bizseek)』の評価

ビクシーズ(Bizseek)は、大手と比べるとまだ知名度が低いですが、年々有名になってきたクラウドソーシングです。

大手と比べてライバルが少ないので、ワーカー【受注者】とクライアント【発注者】ともに相手を見つけやすい。

まだ飽和状態になっていない土地で勝負した方が稼ぎやすいです。

実際に大手にはないような案件や好条件な案件も多数あります。

登録も無料でできますので、収入の幅を増やす意味でもBizseek(ビズシーク)はおすすめです。

下記から公式サイトに移動して無料登録手続きをすることができます。

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です