コピーライティング初心者におすすめの本11選

プレゼントされた本

コピーライティングについての知識がつくと何かと便利です。

役立つ場面が多数あります。

今回は、コピーライティングを勉強するのに使えるおすすめの本を紹介します。

コピーライティング

まずは、コピーライティングについて下記の2点について確認していきます。

アフィリエイトや記事を書く時に一番重要になってきますので、要確認です。

・コピーライティングとは?

 

・コピーライティングを学んぶメリット

コピーライティングとは?

コピーライティングとは、『読者に物を売るために文章を書く技術』です。

読者の心理を理解して、購買まで読者を動かすことを目的としたスキルです。

コピーライティングのスキルに終わりはないので、常に勉強と実践の連続です。

対面販売と違い、読者の心理導線を意識して文章を書く必用がありますので、かなり高度なテクニックになります。

言葉の上手い言い回しや、印象に残る様なキャッチコピーも使うことが求められます。

勉強と実践を繰り返していないと、簡単には身につけることができない高度な技術です。

人間の心理的な導線を意識して文章を構成するので、100%正解の型はありません。

ただ、基本的な型や書き方は、本で学べます。

そういう意味では、まずは本を読んで基本を理解した上で、実践した方が、技術の習得は早くなります。

コピーライティングを学ぶメリット

コピーライティングを学ぶメリットは、以下の3点になります。

・読者の心理を動かし商品やサービスの購入まで行動させる

 

・ネット以外のビジネスにも活用できる

 

・人間の購買心理を理解し刺激して行動させることができる

コピーライティングを学ぶと言うことは、読者の心理や消費者の購買心理を学ぶことと同じです。

文章を読者に読ませることで、欲求を刺激し実際に購入まで行動させる力があります。

これがある程度理解できてマスターすれば、ネット上だけではなく、他の仕事でも十分役立てることが可能です。

つまり、コピーライティングは、一度身に着けてしまえば一生モノの技術として使うことが可能です。

現状だと、コピーライティングの技術が一番活かせるのが、ブログやアフィリエイトになります。

ネット+文章の組み合わせとは、相性が最強ですからね。

つまり、ネットビジネスである程度稼ぎたいなら、コピーライティングの技術は必須と言えます。

稼ぐために役立つおすすめのコピーライティング本

では、本題の初心者の人におすすめのコピーライティングが勉強できる本を、ランキング形式で紹介していきます。

稼ぐためには、必須の知識になりますので、ぜひ読んでみてください。

値段が、普通の本と違って少し高めの設定になっていますが、ライティングスキルが身につけることができれば、何倍もの利益になって自分に返ってきます。

自分への投資と考えれば、安い買い物だと思います。

第11位 確立思考の戦略論

全311ページとそこそこのボリュームの本になります。

LINEの役員田端さんから好評価を得た1冊です。

確立思考の書かれているので、少し苦手意識を持つ人も多いかもしれませんが、実際読んで見るとめちゃくちゃわかりやすく書かれています。

マーケティングの分野を学ぶには最適な1冊と言えます。

第10位 禁断のセールスコピーライティング

全285ページと読みやすいくらいのボリュームの本になります。

実例を元に解説していることが多いので、わかりやすくまとめられています。

コピーライティングだけでなく、そもそも営業とは何か?

という部分についても学ぶことができる本になります。

第9位 10倍売れるWebコピーライティング

全144ページとボリュームは少なくサクッと読める本になります。

ページ数が少ないですが、ライティングスキルの基礎的な部分をガッツリ学ぶことができます。

文章構成からWEbで稼ぐためのライティングスキルの重要性も理解することが、この本1冊で理解できます。

第8位 セールスライティングハンドブック

全352ページで構成されています。

この本は、珍しい内容は、ほぼ書かれていません。

初心者向きに作られていて、コピーライティングの基礎的な部分を中心に書かれています。

準備体操程度にコピーライティングの基礎を学びたい、もしくは復習した人向けの本と言えます。

第7位 「売る」文章51の技

全160ページで、一気読みができるボリュームの本になります。

この本は、とにかく実践向きな内容で構成されています。

短いキャッチコピーから長文のロングコピーまで、コピーライティングの基礎的な部分と実践で使える応用まで網羅されています。

160ページでページ数は少ないですが、内容が詰まっています。

こちらの本は、1回は必ず読んでおきたい本になります。

第6位 ザ・コピーライティング

全431ページとそこそこのボリュームのある本になります。

アメリカの広告業界で58年間も活躍し続けた伝説的コピーライターであるジョン・ケープルズが書いています。

元祖コピーライティングと言えばこの本でしょう。

少し表現が古臭い所もありますが、コピーライティングの基礎的な部分は、バッチリ学べます。

最新のコピーライティングの本を読んだ後に、この本を読むと、よりコピーライティングについて理解を深めることができます。

第5位 究極のセールスレター

全232ページのボリュームのある本になります。

ダイレクト・マーケティング界の大物ダン・ケネディが書いた本になります。

初心者には優しく読みやすく理解もしやすい本です。

そこまで高度なテクニックなどは、記載されていませんが、セールスライティングの基本を簡単に学ぶことができます。

繰り返し読むことで理解度が高まると定評がある書籍になります。

第4位 WEBライティング実践講座

初心者向きでかなり優しく書かれている本になります。

この本からは、コピーライティングの基本的な型を学ぶことができます。

また、ライティングのテクニックについても書かれています。

初心者が、一からコピーライティングを学ぶには、丁度いい本です。

第3位 最強のコピーライティングバイブル

全280ページの丁度いいくらいのボリュームの本です。

名著3部作・計4冊を1冊にまとめた内容の濃い本になります。

国内の広告の具体的な事例を、詳しく解説してくれています。

マーケティング、コピーライティングがまったくわからない人でも、最初から勉強できる1冊です。

この本を読み終えれば、簡単なコピーライティングならすぐに実践することが可能となります。

第2位 伝説のコピーライティング実践バイブル

 

かなり分厚い本になります。

総ページ数はなんと716ページにもなります。

全部読むのも、めちゃくちゃ大変なのですが、これ一冊あれば、コピーライティングの基礎的な部分から応用の部分まで学ぶことができます。

1つの商品に対して多数の方向からの販売アプローチの手法があることを、気づかせてくれる本です。

第1位 沈黙のWebライティング 

全632ページとボリューミーな本になります。

ボリューミーで、内容もしっかりと詰まっている本ですが値段は安くお得感もトップクラスの本です。

読みやすく、実際に存在するブログを例に出して解説もしています。

コピーライティングだけではなく、SEOの解説もあります。

集客に必要なことなども説明していますので、ブログやアフィリエイト関係を総合的に学びたいならお勧めの一冊です。

WEBマーケティングに興味がある人は絶対に一度は読んでほしい本です。

まとめ:コピーライティングは必須の技術

全部で11冊の初心者におすすめできるコピーライティングの本を紹介しました。

コピーライティングは、ブログやアフィリエイトで稼ぐためには必須のスキルになります。

実際に記事を書く前に、基礎知識だけでも、本で勉強しておきましょう。

1位~3位までの本は、最低でも最初に読んでおくことをお勧めします。

この3冊を読むだけでも、コピーライティングの理解度は、かなり向上します。

ランキング下位の本に関しては、実際に記事を書いてみてから、復習感覚で読んでもOKです。

実際に結果を出している人は、例外なくコピーライティングのスキルが高いです。

なぜスキルが高いかと言うと、本を読んで勉強しながら、記事を書いては、トライアンドエラーを繰り返しているからです。

僕も、コピーライティング系の本を読んで勉強しながら、記事を書いての繰り返しを普段からしています。

まだまだ未熟ですが、こればかりは継続して取り組むしか上手くなる方法がありません。

なので、稼ぎたい人は、コピーライティングスキルを磨くために本を読んで勉強しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です