VOD・漫画・恋愛を中心としたブログ

ヨリミチ

恋愛 恋愛テクニック

嫌われる人の特徴25選。日常・職場・嫌われない行動を解説する

 

嫌われる人の特徴まとめ

  • 人から嫌われやすくて悩んでいる
  • 他人から嫌われたくない
  • 自分が人から嫌われる原因が知りたい
  • 嫌われる前に予防したい

 

上記に少しでも当てはまる方に役立つ内容を記載しています。

この記事では、嫌われやすい人の特徴を

 

  • プライベート
  • 職場

で分けてご紹介します。

人から嫌われるのには、必ず何か原因があります。

 

この記事では、その原因になる可能性が高い理由をピックアップしています。

  • 他人から嫌われるリスクを減らしたい方
  • 嫌われやすくて困っている方
  • 人間関係を円滑にしたい方

人から嫌われずらくなるために必要な情報をまとめました。

スポンサーリンク

嫌われる人の特徴:プライベート

プライベートでの人間関係のトラブルは誰でも経験しているはずです。

まずは、プライベートに焦点を当てて嫌われやすい人の特徴をご紹介します。

 

すぐにでも改善できることばかりなので、ぜひご活用ください。

人によって態度を変える

人によって態度を変える

人によって態度を変える人は、高確率で嫌われてしまいます。

100%平等な態度で接するのは難しいです。

 

しかし、意識して注意するだけでも態度はまったく変わっていきます。

よくあるのが、異性によって態度をあからさまに変えてしまう人です。

 

この手のタイプは、相手にも伝わりやすく嫌われやすいです。

意識するだけでも変わってきますので、可能な限り他人には平等な態度で接するようにしましょう。

強調性がない

強調性がない

強調性がない人も他人から嫌われやすいです。

集団から外れたり、少し特殊な人はすぐに的にされてしまいます。

 

強調性がない人は、当たり前ですが集団行動が苦手です。

1人でいることが多く、積極的に自分から他人と関わろうとしません。

 

強調性はすぐに改善できるものではありません。

しかし、注意することで他人から嫌われるリスクを減らすことは可能です。

すぐにマウントを取ろうとする

すぐにマウントを取ろうとする

自分と他人を比較したり見下したりする人は高確率で他人から嫌われます。

特に自分が相手よりも優れている部分を引き合いにして比べるタイプは最悪です。

 

人は自分よりも優れている相手に対しては、憧れの感情か嫉妬の感情を抱きます。

マウントを取るタイプは間違いなく憧れよりも嫉妬や僻みの対象にされます。

 

高確率で嫌われますので、マウントを取ることは絶対にやめましょう。

優越感に浸れるかもしれませんが、相手からしたら不快でしか

情緒不安定

精神的に不安定で感情をすぐに表に出してしまうタイプは嫌われやすいです。

常にイライラしていたり、落ち込んでいたりすると自然と人は離れていきます。

 

気持ちの浮き沈みは誰でもあります。

しかし、それをストレートに表に出しすぎると周りを不快な気持ちにさせます。

 

気分がすぐれない時は、人と会うのはやめて自宅で大人しくしているのも一つの手です。

無愛想で何を考えているかわからない

無愛想な顔をしている女性

常に無愛想なタイプも人から嫌われやすいです。

感情を出しすぎるのも問題ですが、まったく出さないのも問題です。

 

人はコミュニケーションを取る時は相手の表情も確認します。

常に無表情だと何を考えているかわからない人と思われてしまいます。

 

好かれる人は、表情が豊かで笑顔が多いです。

無愛想だと話しかけられずらいと思われて印象が悪くなります。

自分の話ばかりで人の話を聞かない

話を聞かないで自分の話ばかりする人も高確率で嫌われます。

人間は自分の話を聞いてもらえると喜ぶ生き物です。

 

自分の話を聞いてもらえず、逆に相手の話を聞いてばかりだと不快に感じます。

他人から好かれる人は、意識して話の聞き手役になっています。

 

逆に嫌われる人は、相手の話を聞かずに自分の話を聞いてもらおうとします。

嫌われたくなければ、自分の話2割相手の話8割のバランスを意識して接しましょう。

陰口や悪口が多い

陰口や悪口を言っている少年たち

他人の悪口や陰口を頻繁に言っている人も高確率で嫌われます。

人の悪口ばかり言っている人が他人から好かれるわけがありませんよね?

 

悪口を言っている人は人間性や性格に問題がある方が圧倒的に多いです。

一緒にいてもいい気分がしません。

 

信用もできません。

悪口や陰口は言っても何もメリットがありません。

自己中心的

自己中心的な女性

自分のことばかり優先する性格の人は嫌われやすいです。

自己中心的な性格で周りから好かれる人は見たことがありません。

 

人から好かれる人は、自分よりも他人のことを優先できる性格の持ち主です。

自分を優先したくなる気持ちもわかりますが、少し抑えましょう。

 

自分のことばかり優先してもメリットは何もありません。

自慢話が多い

自慢話が多いタイプも嫌われやすいです。

人間は、長時間に渡り他人の自慢話を聞くとストレスを感じます。

 

人から好かれたければ、自分の自慢話を聞かせてはいけません。

逆に他人の自慢話を聞いてあげるようにしましょう。

 

自慢話を聞くのが上手な人は周りから好かれることが多いです。

人と真摯に向き合おうとしない

真摯に向き合おうとしない

人と真正面から向き合おうとしない人も嫌われやすいです。

傷つくことを恐れているため、向き合うことから逃げている人が多いです。

 

人間は、自分と真正面から向き合ってくれる相手のことを好みます。

人から好かれたければ、逃げずに真正面から相手を受け入れましょう。

 

人対人なので、真剣に接してくれていると感じてもらえれば好感を得ることができます。

逆に適当にされてると相手に感じさせると高確率で嫌われます。

嘘ばかりつく

嘘を頻繁につく人は無条件で嫌われます。

普通に考えて嘘ばかりつく相手を好きになるわけがありませんよね?

 

嘘も方便なんて言葉もありますが、あれは特定のシュチュエーションの時だけです。

本当に必要な場面以外では、嘘はつかないで正直に接するようにした方が得です。

 

正直者は、周りから信用されて愛されやすいです。

周りから嫌われたくなければ嘘はつかずに正直者でいることを意識しましょう。

自分の意見を押し付ける

自慢話が多い

自分の意見を他人に押し付けたがる人も確実に嫌われます。

意見との違いや考え方の違いを感じることは、日常的にあります。

 

周りから好かれる人は、自分の考えを無理に押し付けることはしません。

周りの意見も受け入れつつ自分の意見を丁寧に相手に伝えます。

 

嫌われるタイプは、周りの意見など関係なく一方的に自分の意見を伝えてしまいます。

意見を伝えたくなる気持ちもわかりますが、抑える努力は必要です。

 

周りから好かれたければ、我を抑えることは重要なポイントです。

不快感を与えるくらいの不衛生

周りに不快感を与えてしまうレベルに不衛生な人は確実に嫌われます。

特に体臭関係が激しい人は、早急に改善が必用です。

 

爪・髭・髪型・体臭・ファッションなどは最低限チェックしましょう。

特に衛生面に関しては、男性よりも女性の方が敏感です。

 

自分の努力と注意で改善できる領域なので評価もされてしまいます。

人付き合いの上でのマナーでもありますので、ここはクリアしておきましょう。

偉そうに上から目線

自分の話ばかりで人の話を聞かない

なんでも偉そうに上から目線で言ってくる人って周りにいませんか?

この手のタイプは、確実に嫌われます。

 

偉そうに上から目線で何か言ってくるタイプは高確率で周りを見下しています。

よく部下から嫌われている上司は、このパターンが当てはまる人が多いです。

 

周りから好かれる人は、上から目線ではなく下手に出て接します。

上から目線で何か言われて気分が良くなる人はいません。

 

当てはまる方は、早急に改善した方がいいです。

なんでも否定してくる

他人の意見を問答無用で否定する人も嫌われやすいです。

人間は、否定するよりも自分の意見を受け入れてくれる人を好みます。

 

逆に否定ばかりする相手のことは徐々に嫌いになっていきます。

無理やり相手に合わせろと言う訳ではありません。

 

否定すべきところは否定しても、ある程度は相手の意見に賛同することも必要です。

周りから好かれる人は、相手の意見に対して賛同と否定をバランスよく答えています。

 

相手の考えを否定ばかりしていると嫌な奴と思われてしまう可能性が大きいです。

食べ方が異常に汚い

食べ方が汚い男性

食べ方が異常に汚い人は、無意識に他人に不快な思いを与えている可能性が大きいです。

  • クチャクチャと音を立てて食べている人
  • フォークやスポーンの使い方が間違っている人
  • 食事上での最低限のマナーが守れていない人
  • ボロボロこぼしながら食べている人

上記に少しでも当てはまるならすぐに改善が必要です。

 

食事中は、意外と周りから見られていますので注意が必用です。

連絡の返信が異常に遅い

相手からの連絡の返信が極端に遅い人も嫌われやすいです。

数時間ならまったく問題ありません。

 

しかし、2日後とかに何事もなかったように返信してくる人って稀にいますよね?

たまにならいいですが、毎回そんな調子だと徐々に周りから嫌われていきます。

 

相手目線で考えると連絡に対する返信は、早い方が誠意を感じやすいです。

また、あまりにも返信が遅いとルーズでだらしない人間と勘違いされてしまいます。

 

返事が遅いとメリットは何もありません。

意識してなるべく早めにリアクションを返してあげるように意識しましょう。

スポンサーリンク

嫌われる人の特徴:職場

次に職場で嫌われる人の特徴をご紹介します。

仕事を円滑に行うには人間関係はかなり重要です。

 

私生活にも影響を及ぼしますので、職場の人間関係はかなり重要です。

周りの意見を聴かない

情緒不安定

職場で嫌われやすい人は、とにかく周りの意見を聴きません。

無理やりにでも自分の意見を押し通そうとします。

 

同僚の意見だけではなく、上司の意見も聞こうとしない人っていませんか?

この手のタイプって職場では孤立していたり嫌われたりしてますよね。

 

協調性がないとマイナス評価を受けることも十分にあり得ます。

演技でも周りの意見は聞いておいて損はないです。

個人プレーばかりする

仕事は職場の仲間とのチームプレイが好まれます。

まったく協力せずに個人プレーする人は確実に嫌われます。

 

個人プレーが許されるのは、実績を上げている営業マンだけです。

周りとの連携やコミュニケーションを完全に無視する人ってたまにいますよね?

 

自己中心的な性格とも思われてしまいますし、実質メリットは何もありません。

仕事では、個人プレーよりもチームプレイを意識した方が好かれやすいです。

 

周りから好かれたい・評価されたければ協調性は大事にしましょう。

仕事ができない

仕事ができない

能力的な問題もありますが、仕事ができない人は高確率で嫌われます。

周りの足を引っ張っているため、好感を得ることは不可能です。

 

自分が職場の人から嫌われていると感じたら、自分の働きを疑った方がいいです。

どんな職場でも仕事ができない人は存在します。

 

その人のキャラクターにもよりますが、いい対応はされないですよね。

周りから好かれたければ、仕事ができる人間になることを目指すべきです。

 

仕事ができれば必ず周りから好かれる訳ではありませんが、嫌われる確率は格段に減らせます。

上司に対して態度が悪い

職場の上司に対しての態度が悪い人も嫌われやすいです。

上司に嫌われてしまうと、それに連鎖するように同僚にも嫌われやすくなります。

 

他の同僚たちは、上司の機嫌を取ろうとしてわざと冷たい態度を取り始めます。

職場にも居づらくなりますので、メリットは何もありません。

 

上司に対する態度は特に注意が必用です。

逆に職場で好かれている人は、上司を味方につけている人が多いです。

自分の失敗を認めない

失敗を認めない男

仕事上での自分の失敗を認めない人は職場で嫌われます。

一番最悪なのが、自分の失敗を他人のせいにすることです。

 

嫌われるだけではなく信頼も一気に失ってしまいます。

逆に好かれる人は、自分の失敗は素直に認めて謝罪します。

 

意地を張って自分のミスをいつまでも認めないのは社会人としても問題ありです。

失敗した場合は、素直に自分のミスを認めて潔く謝るようにした方がメリットが大きいです。

イライラしやすい

よく職場でいつもイライラしている人っていますよね?

我慢することなく自分の感情を表に出す人は職場で嫌われ者になります。

 

これはプライベートでも共通です。

短期ですぐにイライラして他人に八つ当たりしてる人はどこの職場でも存在します。

 

人間性を疑われてしまうことなので、間違っても他人に八つ当たりするのは駄目です。

自分の負の感情は、可能な限り周りに悟られないように配慮しましょう。

自分の仕事しか考えていない

自分の仕事しか考えていない

仕事をしていると人間性は浮き彫りになります。

自分の仕事しか考えていない人は、自分の仕事しかしません。

 

好かれる人は、自分の仕事だけではなく同僚の仕事も無償で手伝います。

逆に嫌われる人は、同僚や後輩の仕事の手伝いやフォローは一切しません。

 

自分のことしか考えていない人が嫌われるのは当たり前ですよね?

職場の同僚から嫌われたくなければ、たまにお手伝いをしても損はないです。

感謝の気持ちがまったくない

仕事上で同僚や上司に助けられても感謝の気持ちがない人は嫌われます。

態度や行動でお礼の意思を示すようにした方が好かれます。

 

職場でも助けてもらってばかりで、恩返しもしない人って必ずいますよね?

他人から与えてもらうことばかり考えている人間は確実に嫌われます。

 

周りから好かれている人は、与えられるよりも与えることを意識しています。

嫌われたくなければ、自分から与える人を目指しましょう。

スポンサーリンク

嫌われないために効果がある行動

嫌われる人の特徴を紹介しました。

次に、嫌われないために効果がある行動を紹介します。

 

嫌われるリスクを減らすために効果がある行動や考え方を紹介します。

素直に人に接する

素直に人に接する

素直な態度で人に接する人は嫌われずに好かれます。

心理学でも有名な自己開示に近い考え方です。

 

気取らずに自然体な自分で相手に接することがポイントです。

表裏がある人は他人から嫌われます。

 

逆に表裏が少ないと人から好かれやすいです。

素直になるには常に意識して人と接するようにしましょう。

自分よりも他人を優先する

嫌われやすい人は、常に他人よりも自分を優先しています。

嫌われるリスクを減らすには、自分よりも他人を優先して動けばいいだけです。

 

完全に自分のことを犠牲にする必要はありません。

あからさまに自分のことを優先しなければいいだけです。

 

他人6割・自分4割程度の間隔で動けば嫌われることはありません。

笑顔を意識して生活する

笑顔を意識して生活する

周りから好かれる人は常に笑顔を意識しています。

逆に不機嫌な顔をしている人は嫌われます。

 

そのため、無理やりでもいいので笑顔を常に意識して生活しましょう。

※ニヤニヤするのと笑顔は違います

 

始めはちょっと不自然な笑顔かもしれません

しかし、慣れてくると自然な笑顔に変わります。

 

笑顔が定着すれば話しかけられやすい雰囲気になります。

他人に興味を持ち好きになろう

他人に興味がない人は、自分にも興味を持ってもらえません。

これは心理学でも立証されています。

 

他人から好かれたければ、まず自分から他人のことを好きになるように意識します。

よく『愛されたければ愛しなさい』という言葉がありますが、これはあながち間違っていません。

 

好意を持っている相手には、好意を返してもらいやすくなります。

周りから好かれたければ、まずは自分から行動して好きになってもらいましょう。

明るく前向きな発言を心がける

ネガティブな発言ばかりする人は人から避けられやすい。

逆に前向きな発言をする人の周りには人が集まります。

 

常に明るく前抜きな発言を心がけましょう。

類は友を呼ぶではありませんが、明るい人の周りには明るい人が集まります。

 

無理やりでもいいので、後ろ向きな発言ではなく前向きな発言をしましょう。

弱い自分もさらけ出そう

人間は弱い部分をさらけ出されると弱いです。

これも心理学でいうところの自己開示に当てはまります。

 

自分の弱い部分を他人に見せるのは勇気が必用です。

しかし、考えようによっては弱い部分は自分の強みに変えることが可能です。

 

同情心を買うということになりますが、自分の味方をつくりたいなら有効な手段です。

何事にも必死に取り組む

何事にも必死に取り組む

やる気がない人って嫌われやすいし誰からも応援されないですよね?

逆に何事にもひたむきに取り組む人は周りから応援されやすいです。

 

動機が少し不純かもしれませんが、効果は抜群です。

他人から好かれたければ何事にも一生懸命になることをお勧めします。

 

自然と自分の味方も増えていきますし好かれやすくなります。

まさに一石二鳥ですよ。

自分から積極的にコミュニケーションをとろう

先手必勝です。

話かけられる前に自分から積極的にコミュニケーションをとりましょう。

 

相性がありますので、全ての人から受け入れてもらえるわけではありません。

もしかしたら、冷たい態度を取られてしまうかもしれません。

 

しかし周りから嫌われないで好かれる人は勇気を出して自分からコミュニケーションをとっています。

挨拶と同じで、自分から積極的に動きましょう。

まとめ:嫌われないよう注意しよう

嫌われる人の特徴をまとめて紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

人間関係なので、相性もあり全ての人と上手く付き合うのは難しいかもしれません。

しかし、嫌われる人の特徴を把握しておけば、多少は嫌われずらくなります。

 

リスクも回避できますし、人付き合いも以前よりも円滑にできます。

参考にしてもらえると嬉しいです。

 

以上、『嫌われる人の特徴25選。日常・職場・嫌われない行動を解説する』でした。

おすすめ記事

-恋愛, 恋愛テクニック

Copyright© ヨリミチ , 2019 All Rights Reserved.