経験談 雑記

そろそろエア出勤が本気で辛くなってきたら心境書いてみる

更新日:

出勤中のサラリーマン

  • エアー出勤をしている人間の現実を知りたい
  • エアー出勤をしているとどうなるのか?
  • エアー出勤している人間の日常と心理状態

上記に当てはまる人に役立つ内容を記載しています。

エアー出勤

それは、会社に行く振りをして家を出ていく行為である。

なぜこんな状況になってしまったのかは、他のお話で詳しく書いていますので、よければ読んでみてください。

今回は、仕事を辞めたことを奥さんの両親に言えずに毎朝にエアー出勤しているお話です。

珍しい物見たさで読んでもらえると楽しめるかもしれませんね。

あと同じような境遇の人や元経験者の人は、理解してくれると思います。

エアー出勤について

まずは、ここから。

エアー出勤をしたことが、ある人ってあんまりいなんでしょうね。

こんな年でエアー出勤することになるなんて考えていませんでした。

考え無しに行動した自分が悪いってだけです。

エアー出勤とは、エアーギターなどをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれませんね。

エアー出勤とは、これまでと変わらずに、同じ時間に同じ格好で家を出て、会社に向かう振りをする悲しき人のことです。

出社する場所がないのに、どこに向かえばいいんだって話なんですけどね。

経験したことがある人でないとわからないと思いますけど想像以上につらいです

仕事しないで楽でいいなーって思ってる人は、大きな勘違いです。

ガチで消えてしまいたくなるくらいの気持ちで毎日過ごすことになりますよ。

自分の存在価値している理由ってなんだろう?

こんなマイナス的な考えが常に頭を巡ってます。

もう本当にこれ冗談ではなくてガチで生き地獄ですよ。



エアー出勤後の行動

会社に出社する振りをして、どこに行くと思いますか?

俺くらいになると、もうすでにローテーション化してきてますからね。

毎日がつらくてしょうがないです。

エアー出社している人間の行動を思いつくままに個別に書いていきます。

車の中で過ごす

行くとこないから車の中で携帯でも弄って時間潰そうかなってパターン。

これやっちゃうとかなり時間を無駄に使ってる感がありますよね。

やっても休憩する時とかにします。

無職に休憩とかいらないですけどね。

地域の図書館

Wi-Fi入ってますし個別の席でパソコン使ってもいいからです。

主に図書館に自分のパソコンを持ち込んで求人を確認したりするのに使えます。

あまり頻繁に行きすぎると図書館の職員に怪しまれます。

漫画喫茶

漫画喫茶はエアー出社する人間にとっての最後の「心のオアシス」ですよね。

誰にも見つかることもなくリラックスして過ごすことができます。

有料スペースなのでお金が必要になってきますので無職の人には、あまり多用できない場所ではありますね。

3時間で大体1000円ちょっとくらい入れますので、便利です。

パソコンも完備されていますので、インターネットもできます。

大型公園のベンチ

広い公園があるところ限定になってしまいますが使えます。

気温が暑い真夏や寒い真冬なんてとてもじゃないけど本当に無理ですよね。

公園のベンチは使っても1時間とか2時間が限界でしょう。

地域の体育館

体育館の場合は、入場料って形で数百円払うことになります。

暗い気持ちになっているので気分転換にランニングや筋トレもできます。

体育館はさすがに昼間っから行くことはありません。

喫茶店

コーヒー1杯で長時間入れますしパソコン使っててもOKですから。

無職ってことは当たり前だけど無収入なわけですよね。

コーヒー一杯だけでもちょっとの出費にも敏感になってしまうんですよ。

たまに行く程度なら使えるのでおすすめです。

カラオケ屋

まだ一度も使ったことがありません。

カラオケ屋を使う人って勝手な予想ですがかなりのベテランエアー出勤者だと思います。

個室ですしパソコンも使えますので便利な空間ではありますよね。



エアー出勤者の気持ち:朝編

ビジネスマン

エアー出勤者のとって朝が、一番つらいです。

理由はいくつかあります。

出社する演技が疲れる

朝家を出る時に可能な限り怪しまれないようにして自然な感じで会社に行く演技をするのがポイントです。

毎日のようにやっていると本当にしんどくなってきます。

自分の中に色々な感情が、渦巻いてきますので。

毎朝嘘をつくことになるわけですから、罪悪感が半端ではないです。

通勤している人達を見た時

意外とこれが、本当につらくて惨めな気分になりますね。

これからみんなは、会社に行き働き始めるのに、自分には行く場所もないし、仕事もないわけですからね。

劣等感丸出しですしどうしても周りと自分を比べてしまう瞬間がここですね。

消えることができるなら、消えてしまいたい感覚になります。

また1日が始まると自覚する

本当に気持ち的に辛くなってしまうし萎えてしまいます。

今日は、どのような行動をしようか?

何をして未来に繋げようか?

なんてことが頭を常にグルグル回ってる感じですね。



エアー出勤者の気持ち:夕方編

新聞を読んでいる社会人

一番つらい朝を乗り越えて夕方の時間帯になってくると、最高潮に暗くなっていた気分が徐々に戻ってきます。

日が落ちて暗くなってくるとエアー出勤の1日が終りを迎えている感覚になるからです。

それでも朝ほどではありませんが夕方にもエアー出勤者特有のつらいです。

楽しそうに並んで歩くサラリーマンを見た時

仕事を終えてこれから、会社のみんなで居酒屋にでも飲みに行くのかなぁ

これから家に帰って仕事終わりの美味しい一杯を始めるのかなぁ

とか勝手に想像して羨ましくってきます。

家に帰りたくない気分になる

これは人によるんだと思いますけど家に帰りたくない気分になります。

今は相手の実家だからなのかもしれませんけどね。

帰ったら帰ったで、今日仕事どうだった?

とかそんな会話もしないといけませんので。

合わせるために、また嘘をつくことになってしまうわけですよ。

帰宅してからの心境

住宅地

エアー出勤が終わり帰宅してもエアー出勤者のつらい状況は変わりません。

帰宅しても、そのステージに合った辛いことが待ち構えているのです。

嘘に嘘を塗り重ねる

家庭によって違うのでしょうけど俺の場合だとほぼ必ず仕事の話になります。

今日どうだった?

最近帰り遅いけど大変だね、大丈夫?

明日は、休み?仕事?

こんな感じで毎日聞かれますのでその度に嘘をつかなければいけません。

これ毎日繰り返すと想像するより本当につらいですよ。

求人サイト確認したいけどできない

パソコンで求人サイト確認したいんですけど、もし不意を突かれて見られたらバレてしまう可能性が上がってしまいます。

うまく誤魔化せたとしても、疑惑を拭い去ることは、できないです。

布団の中で明日のことを考えてしまう

明日どう行動するかとか、次の日のことで、頭の中がいっぱいになってしまうことがあります。

寝る時でさえ、心が休まることがありませんね。

早く次の仕事を決めなければと、時分にプレッシャーをかけて眠りにつきます。



まとめ

エアー出勤は、まとめてしまうと負の世界とか暗黒の世界で生きることだと個人的には、感じています。

何もいいことなんてありません。

毎日本当につらいし、きついです。

働いていた方が、数億倍マシです。

これガチで。

なにも希望なんて皆無な毎日を、過ごすなんて普通の人間だったらそんなに長い期間耐えられないです。

以上、【そろそろエア出勤が本気で辛くなってきたら心境書いてみる】でした。





-経験談, 雑記

Copyright© 寄り道のっとばっと , 2019 All Rights Reserved.