暗い話・ギャグ・他 経験談的な話

無職生活はメンタルが強くないと大変なことになる。実際の経験を元に語ります

更新日:

暗い男性

  • リアルな無職生活を知りたい
  • 無職の人間の心理状態に興味がある
  • 無職経験のある人間のリアルな経験談を聞きたい

上記に当てはまる人に役立つ内容を記載しています。

今回は、実際に無職(求職中)を、やってみて感じたことを書いていきます。

無職を経験したことがある方や、これから無職になってしまうかもしれない不安がある人には、ある意味参考になると思います。

無職中に考えてしまうこと

はい。

もう大体予想は、ついてると思いますが、明るいことなんて考えません。

基本的にダークサイドな考えばかりです。

無職中(現在進行形)に実際に俺が、頭の中で考えていたことは、こんな感じ。

  • 俺、世の中に必要とされてないな
  • なんでこんな状況になってしまったんだ?
  • 完全に人生詰んだな
  • 今まで何やってきたんだ
  • 朝が怖い
  • これからどうすればいいかわからん
  • 誰か助けてー

もうこんな感じです。

基本的に無職になってから前向きな考えとか日が進むにつれてなくなっていく。

こんな生活もし1年くらい続けてたら絶対におかしくなってしまうことだけは、本能で理解している。

無職を貫いている人について

俺の場合は、無職になりたくてなったわけではないです。

※別にリストラされたわけでは、ありません。

心の弱さが招いてしまった状況なのです。

ただ、世の中には長期間に渡り無職を貫いているある意味強者がいます。

特にネットの世界で生きている人など。

 

自分が、働いていた時は、無職の人を、正直見下したらしていたのですが、現実に自分が無職になってみて、無職の人に対する考えが少し変わってきました。

具体的にどんな風に考えが変わったかというと以下になります。

  • ある意味精神的にタフでないと続けられない。
  • 周りの目を気にしない強靭なメンタルを、兼ね備えている
  • 他人から軽蔑されたり否定されることを、あまり気にしていない
  • 自分の世界で生きている
  • 他人と自分をあまり比べない
  • 自分の時間がたくさんある分、自分で収入をつくることが可能。

あくまで、ものすごく前向きに考えた場合です。

どう考えたって無職よりちゃんと働いてる人の方が正解だと思います。

無職だからと言ってそれだけですべてを否定するのは違うと気がつきました。

無職になったら大変なことになる人

落ち込んでいる女性

無職を経験してわかったことは無職の人のメンタルの強さだけではありません。

逆に無職になったら危ないなぁって人もいます。

個人的に感じた特長は以下になります。

  • 基本的に真面目
  • 世間体を気にするタイプ
  • 周りの目や評判を気にするタイプ
  • 挫折をあまり知らない優等生
  • 能力が高い人
  • プライドが高い人
  • 見栄っ張りな人

これに当てはまる人が一度無職になってしまうと結構メンタルがやられます。

心を病むかもしれないレベルですよ。

特にプライドが高い人なんて耐えられないでしょう。

無職って社会から孤立とか断絶されてる感じがしますからね。

経験してみなきゃわからないでしょうけど。

実際俺の無職を経験してみてよくわかりました。

悲惨です。

無職まとめ

なんだかんだたくさん書きました。

無職はメンタルが強くないとできない!!

これが結論です。

※無職なんて無理してやるもんではないです。

まともな神経も人が、長期間無職をやると間違いなく精神やられます。

これは間違いありません。

 

もし長期間無職を、やってみて何も感じないどころかむしろ心地よいのであれば、それはもはや才能です。

カリスマニートになれるでしょう。

しっかり働いて税金を払って社会に還元しなければいけないですよね。

こんなことも実際に無職になって初めて考えました。

てか働いていた時は税金払ってましたが、意識の外でしたね。

以上、【無職生活はメンタルが強くないと大変なことになる。実際の経験を元に語ります】でした。





-暗い話・ギャグ・他, 経験談的な話

Copyright© 寄り道のっとばっと , 2019 All Rights Reserved.